外資系への転職なら英文レジュメにこだわる!

FrontPage

履歴書と職務経歴書(レジュメ)は効果的に伝えられる

未経験でも外資系企業への転職に成功したいなら、履歴書や職務経歴書(レジュメ)の効果的な書き方を知っておく必要があります。日本企業に転職する場合は、決まった形の履歴書を利用するものです。ご自分でフォーマットから用意する方もいらっしゃいますが、販売されているものとほぼ同じに作成することでしょう。しかし、外資系企業に提出する履歴書は、実は決まった形がありません。それぞれが個性をアピールするために、自分なりのフォーマットを作成するのが一般的です。

英文履歴書の場合、もっとも重要になるのがWork Experience、つまりどんな仕事を経験してきたかです。職務経歴書(レジュメ)として、別に作成するとさらに効果的です。経歴は時系列にそって書いても構いませんし、職能ごとに書いても構いません。あなたの能力を最大限にアピールできるように書けばいいのです。また、英文履歴書ならではの項目として、海外勤務を希望するかどうか、転勤ができるかどうかも記入しておきましょう。もちろん、希望する給与額も併記しておきます。

英文履歴書や職務経歴書(レジュメ)のポイントは、あいまいな表現を避けることです。できるだけ具体的な内容を書くことを心がけ、数字で表現することを頭に入れておきましょう。また、外資系企業の人事担当者に強くアピールしたいあまり、長くなりすぎるのはNGです。A4用紙で1枚から2枚におさまるように、簡潔にまとめることも大事ですよ。

より具体的なレジュメのサンプルを見たい場合や、詳しい書き方を知りたい場合はこちらのサイトを参考にされるとよいでしょう。→外資系への転職は未経験でもOKでしょうか
転職のコツから履歴書の書き方、面接対策までひと通り伝授されていますよ。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional